電解還元水

電解還元水とはアルカリイオン水

電解還元水とは、アルカリイオン水とも言われ、

 

電気分解によって水のなかに「活性水素」ができるといわれています。

 

 

しかし科学的な研究においては、

 

水のなかに活性水素が存在している状態が実証されたわけではない

 

ので、社会的にはあまり信じられておらず、評判も様々。

 

 

 

活性水素が入っているかいないかの理論的な議論はさておき、

 

 

水を電気分解して、水の解離度が高くなることで

 

水が様々な機能を発揮すると言う理論からなる

 

「電解機能水」

 

と言われる水を作り出して研究や発表がなされています。

 

電解機能水の効果

実際に効果が認められているものに、

 

「強酸性電解水」と言うものがあります。

 

 

これは食品添加物として認可がおりており、工場などで使用されているようです。

 

 

電解機能水の役割は今も、研究され発表されつつあります。電解還元水もその一つ。

 

 

活性水素(アルカリイオン水)の名前がひとり歩きしてしまい、

 

不確かな業者もそれに乗っかった為にいろいろ言われていますが、

 

そのうちにはっきりと効果が証明される事になるでしょう。