水の飲みすぎによる障害と病気 水毒症

水毒症や冷え性など様々な症状

水毒症(水中毒)

 

  体に水がたまってしまい排出されない事によって起きる症状の事です
低ナトリウム血症という症状と同じような現象がでます

 

  体に過剰にに水がたまると人間に必要なナトリウムの量が薄まってしまい、症状がでます。

 

 

おもな症状

 

   アトピー・鼻炎・喘息・頭痛・疲労感・めまい・頭重感・からだの冷えなど

 

  ひどい場合は

 

  痙攣や昏睡状態、人格変化 錯乱状態など思い症状になり

 

  過去に死に至ったケースもあります。

 

 

 

  どこかの国のお祭りで 誰が一番お水をたくさん飲み

 

トイレに長くいかずにいられるかという競技をやったところ、

 

7.6リットルもの水を飲み一度もトイレに

 

 いなかった人が 翌日死亡してしまった

 

 ショッキングな事件も起きています。

 

●暑い夏にたくさんお水を飲んでも

 

  きちんと塩分をとったり、排尿をこまめに意識したりと気を付けて入れば

 

  防げる病気ですが、まず体の異変に気が付いたら

 

  摂取状態が適切かを思い出してみましょう。

 

 

塩分のとりすぎによるむくみ

 

 食生活の内容も症状が現れる一つになります。

 

  塩分のとりすぎ+水分の過剰摂取=むくみ となります

 

 適度な塩分、リンパ液を流すようなストレッチで デトックスに勤めれば改善されるようです。

 

 

 

冷え性

 

   常温の水で水は体を冷やす」と言われています。

 

  大量に飲むことで冷え性になってしまう人もいるようです。

 

    白湯が効果あり

 

   自分の体が受け付ないほどののみすぎは禁物ですが、多めに飲んでもお白湯なら良いらしいと言うことです。

 

   白湯をゆっくりと飲むと 体も冷やさず代謝もよくなって一石二鳥だそうです、